いつ:
2018年10月25日 @ 7:00 PM – 8:45 PM
2018-10-25T19:00:00+09:00
2018-10-25T20:45:00+09:00
どこで:
お江戸両国亭
墨田区両国4-30-4両国武蔵野マンション1階
連絡先:
お江戸両国亭
03-3833-1789

出演者

「柳家 花いち」一般社団法人 落語協会所属。柳家花緑一門
「春風亭 昇吉」公益社団法人 落語芸術落語協会所属 春風亭昇太一門
「桂 笹丸」公益社団法人 落語芸術落語協会所属 桂竹丸一門
「春風亭 昇咲」公益社団法人 落語芸術落語協会所属 春風亭昇太一門
「中野 和哉」インプロカンパニー「Platform」所属。

東京かわら版さんのツイートより

内容

お題を数題もらっての即席の落語を演ずるの合間に、その落語にインスパイアされた即興演劇、インプロビゼーションを行う。

ねらい:江戸は天明ごろに活躍した初代三笑亭可楽や、幕末の三遊亭圓朝らにより盛んに行われた三題噺や即興落語の伝統を、現代の観衆にも届けたい。さらにその即席落語と、欧米由来の演劇メソッドとしてインプロビゼーションとを組み合わせることで、相互に刺激、共鳴しあう新しい演劇空間を実現させたい。

開場して客入れをする前から、芝居は始まっている。

楽屋では、架空の打ち合わせや喧嘩などのインプロがおこなわれており、出演者は即興空間から逃れることはできない。すべてはかりそめの夢、芝居の空間となる。

開場して徐々に入場する観客は、既に進行している夢の世界に招かれることになる。インプロには本格的な即興芝居の前に、ウォーミングアップのための、単純なゲームのようなプログラムがある。徐々に心をほぐしてゆく。

開演時間の19時ちょうどに、プロのインプロビゼーションの役者が狂言回しとなり、即興噺のお題が何になるか、お題はいくつになるのか、お客様から募集するのか、MCが咄嗟に思いついたキーワードが課されるのか、全てはその場で決まる。お題を決めないだけでなく、お題の出し方を決めない。仕様を決めてしまうと何らかの心の準備ができてしまい、本当のライブ感が失われてしまうためである。

落語家4人が順に即席の落語を披露する合間には、インプロの役者が登場する。そこでは、前に演じられた落語にインスピレーションを受けた芝居、またはオチで終わった落語の続きの芝居を鑑賞することになる。無論、インプロのあとに登場する落語家は、前のインプロ演劇の世界観に影響されることになる。それも観客の目にどう映るか。

これにより観客は、落語による世界の表現と、芝居による世界の表現の両方を味わうことになる。落語とインプロの融合をめざしているが、上手くいこともあれば、失敗に終わることもある。さんまの塩焼きに大根おろし、カレーに福神漬けになれば大成功だが、なんとも食い合わせの悪い代物に付き合わされることになるかもしれない。しかし、それが即興の醍醐味なのではないだろうか。

落語と演劇の組み合わせ、それも即興演劇としての組み合わせは珍しい試みかもしれない。さらに、安易にまとめようとはせず、徹底してライブ感にこだわることで、演者と客は演劇と落語を通して「今」という時空を共有できるのではないだろうか。

コメントを残す

CAPTCHA


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします