プレバト!の俳句に悩む昇吉を邪魔しながら(苦笑)実は制作していたのが動画「古典落語「時そば」に学ぶ江戸・東京の文化と経済」です。東京都のアーティスト支援のプロジェクト「アートにエールを!」で、せっかくなので今年2020年に新たに昇吉が出版した本の関係の方がにもご協力頂き、昇吉が得意な江戸文化を解説。こんなことを知らなくても時そばは楽しめますが(苦笑)知っていると、より深く楽しめます。また経済学部出身の昇吉が当時の経済と今の経済を比較。落語を知ると江戸文化に興味を持つようにはなるのですが、新たな見方が出来る一助になれば幸いです。ロケ地は江戸東京博物館。感染対策をしながらのロケでしたが、ご協力頂き、大変感謝です!ぜひお楽しみ下さいませ。

内容は盛りだくさん!

 ①「時そば」のあらすじ

 ②江戸時代の時間の数え方は?

 ③どんなお金が使われていた?

 ④立ち食い蕎麦。蕎麦以外の江戸のファーストフード

 ⑤落語の所作

①あらすじ

まずは時そば!ちょっとだけダイジェストで……って一瞬ですが、昇吉の時そばもお楽しみ頂きつつ(笑)あらすじは、昇吉の「マンガでわかる落語」を使わせて頂きました。

もちろん、ナレーションもマンガの吹き出しも昇吉が演じております。

②江戸時代の時間の数え方は?

さて、昇吉先生の講義が始まります(笑)おっと、笑い事ではありません、今年はコロナの感染拡大で授業は休止していますが、昇吉は放送大学の対面授業の講師も務めております。講義はお手の物!です。

「今、なんどきだい?」と聞く時そば。江戸時代の時間って、今の時間と全く考え方が違うんです。そんなの時代劇を見ていたって分かりませんよね。「マンガでわかる落語」で素敵なイラストを描いて下さっている谷端実さんにご協力頂いて、江戸時代の時間をイラストにして頂きましたよ!

実はそんなワタクシも昇吉の時そばをはじめ、昇太師匠のやら喬太郎師匠のやら……と時そば聞いておりましたが、実は昇吉から聞くまで江戸時代の時間の詳細は知りませんでした。九つが何時で四つが何時で……なんて考えたこともありませんでした。だって、それでも時そばは十分楽しめます。

でもですね、この解説を聞いて、なんで?と思ったりもする部分もあるのですが、より時そばが深く面白くなりました!

③どんなお金が使われていた?

東大経済学部出身の昇吉。そしてテレビせとうちでは、プライドせとうちの力のMCも勤めております。経済は昇吉のフィールドです。ということで、江戸と現代の貨幣や物価など、分かりやすく解説しています。

④江戸のファストフードとは

ここからは、江戸東京博物館さんにご協力を頂いてのロケ。以前、昇吉が江戸東京博物館さんでそばの天秤棒を担いだことがあると思い出し、ご協力頂きました。ありがとうございました!

コロナ渦ということで感染対策のため、展示物に触ったりするようなものは、触れなくなっておりましたが、江戸文化、よ〜くわかります。落語を聞くようになってから行くとより面白く感じました。

時そばの舞台のそばの屋台だけではなく、江戸で人気だったファストフードについても言及。なぜファストフードなのか、など、面白い話しがたくさん聞けますよ!

あ、今年2020年はそんな感じでもないかもしれませんが、お子さんの自由研究とかにも良い内容かもしれませんね、ご参考まで。

⑤所作

まぁここは落語家のそばの食べ方解説です。こんなことまで教えちゃっていいの?と実は収録しながら、ワタクシ思っておりました。大盤振る舞いです。隠し芸に?

緩和休題 江戸文化と落語も間に!

講義が続くと飽きてしまうかなぁと思ったのと、江戸博さんには長屋の原寸大の模型などがあったので、改めて昇吉に落語についても簡単にお話頂いています。リアルな雰囲気とそれに合った落語についてもお楽しみ下さいませ!

ぜひぜひご覧下さい

ということで、長々と説明しましたが、ぜひ動画、お楽しみ頂ければ幸いです。

ちなみに、アートにエールを!のこの作品は東京都の方のサイトからもご覧頂けますが、昇吉もYouTubeチャンネルをやっております。春風亭昇吉公式チャンネル。こちらも続々と動画をアップ中ですので、ぜひご覧下さいませ。

チャンネルの説明についてはこちら「」で詳しく。

Follow 春風亭昇吉!

コメントを残す

CAPTCHA


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします