「不登校は不幸じゃない in 川崎」に昇吉が参加しました。アットホームな雰囲気で少人数のイベントの中ではありましたが、高座も作っていただき1席やらせていただきました。

「不登校は不幸じゃない」って!?

今回、参加させて頂いたイベントは「不登校は不幸じゃない」と題し、全国100カ所同時に開催されるイベントです。

みなさんは「9月1日問題」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。9月1日というのは、東京を中心に夏休みが明ける日。(地方によっては違う日もあります)。この学校が始まる始業式の日に、子どもの自殺が多いと注目されたのは2015年のこと。

内閣府の2015年版「自殺対策白書」によると、1972~2013年の42年間の累計で18歳以下の自殺者が最も多かった日は、9月1日の131人。その後も9月13日まで、自殺者数が1日平均(約50人)より多い日が続いていて、始業式を中心に自殺者が増えていることが分かります。

こうしたことから、今回のイベントは

  • 夏休み中に不登校同士が繋がるきっかけを作り、仲間を作る。
  • 不登校の経験者の話や当事者同士の交流する時間を作る
  • 学校という居場所にこだわらない、嫌だったら行かなくていいよ。というメッセージを伝えたい

いうことで、開催されました。

昇吉には場を和ませる重要なお役目が!

最初はボランティアさんと参加者みんなでバルーンアート体験。昇吉も「犬」に挑戦。

昇吉が選んだのは楽しい話のマクラと「ちりとてちん」

昇吉のちりとてちんは、楽しいだけじゃなく、アクションも大きく、お子さん連れの方もいらっしゃったため、小さい子が多かったので、面白がって頂けたのではないでしょうか。

不登校の経験者を中心とした不登校問題の座談会

高座の後は、不登校を経験した方や不登校を持つ親御さん、そうした悩みを抱えるお子さんを中心とした相談員の方などを中心とした座談会です。昇吉も参加させて頂きました。

テレビせとうちで番組MCをやっている昇吉。主催者の畑さんとともに、いろいろな方に質問をしたり、場を回したりとファシリテーター役に!

昇吉
どう不登校の人たちへ発信していくのですか?

まず、昇吉が質問したのは、こうしたイベントも含め、今回、伝えたい「不登校は不幸じゃないんだ」「学校が辛いならば、それ以外の選択肢があるんだ」というメッセージをどのように伝えるか、ということ。

さらに、そのMCをする番組「プライド」の黒板コーナー(昇吉が黒板を使いながらまとめるというコーナーがありまして・・・・・・)って番組の黒板よりはるかに大きいですね、どんどんホワイトボードにまとめを書いていきます。

答え
インターネットが中心になっていますね

インターネットが中心となっているという不登校の人たちへの情報発信の現状。不登校を経験された方からは、「インターネットを見るのが生活の中心ではあったが、責められるような意見が多く、それを見て苦しい思いをした」など、当時の心境が語られました。

いろいろな立場の方からさまざまな意見を伺った2時間ちょっと。あっという間でしたが、不登校というものを考えるきっかけとなった濃い時間となりました。

Follow 春風亭昇吉!

コメントを残す

CAPTCHA


この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします